九州共立大学の「望月涼太」ドラフト特番で指名なし 父親「酷い、仕事しろ、かわいそう」と炎上

「お母さんありがとう」

望月涼太、指名なし

ドラフト特番で、望月涼太くんの親父がネットで炎上。



 
10月26日、ドラフト会議にちなんでTBSではドラフト緊急生特番「お母さんありがとう」を放送。

ドキュメンタリーで、九州共立大学の望月涼太くんを特集。

番組によると、望月くんの親父は、息子の練習に付き合うため会社を放置、そのあげく部下に数千万円横領されたエピソードを放送。

放送後、望月くんにはドラフト指名はなかった。

ネット上では、親父に対して批判の声。

「無責任だろ」「身勝手」「ダメ親父じゃねーか」「子どもかわいそう」など。




 

(ネットの反応)

➡これ望月涼太くんの野球のせいってより加減を知らない父親のせいだよね。独断で85万のバッティングマシン買って、練習に付き合う為に仕事を休みがちになり「子供の夢を応援しないとっ☆」って😰それで本人が自分を責めて死にたいとまで考えるって…

➡望月涼太くん プロになるから父さん練習毎日付き合って! →父付き合いすぎて会社を部下に任せる結果部下が金を持ち逃げ、会社倒産 →母パートを始めるも父練習に付き合うため働かず「耐えられないなら離婚して」 →家族のためにもプロにならなきゃ! →指名されず 中居くん「すいませんでした」

➡父さんの会社が倒産()しても野球続けたのに指名なし。てか、これ、親父がダメだろ。働けよって感じ。

1 2


  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP