リオ五輪 男子柔道100キロ超級で金メダル「リネール」炎上 「気持ち悪い、審判の判定おかしい卑怯、八百長」

リネールが炎上

卑怯、判定がおかしい

本日、男子柔道で金メダルを獲得した「リネール」が炎上。「卑怯すぎる」と叩かれる。

8月13日、リオオリンピックの男子柔道100キロ超級では、原沢久喜がフランスの代表「リネール」と対戦。

リネールは、これまで8年間無敗の選手。どんな試合をするのか注目が集まった。

しかし、試合が始まると、指導1つをとったリネールは、最後まで原沢から逃げ回り、その結果、優勢勝ち。

あまりにしょうもない試合内容に、ネットでは、「審判何やってんだ」「これは八百長」「ダサすぎ」「二度と出てくるな」など、批判の声が殺到。

 

(ネットの反応)

➡今日は、朝早くから100キロ超え男子柔道日本ーフランス決勝で原沢対テデイ・リネール日本負けて銀、この試合審判の判定日本でよく言われる、八百長のような判定、そう感じたの私だけかな、この番組見た人、みんなそう思いませんでした?。

1 2


  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  • オリンピックの決勝戦の試合であれは酷すぎる。
    リネールは逃げて金メダルを貰って嬉しいのかなぁ⁉
    主審も国際試合の審判としては失格。直ぐに辞めて貰いたい❗
    勝つためならプライドも無い人には、柔道をやって欲しくない。
    素晴らしい柔道というスポーツを汚さないでください。

    by 匿名 2016年8月14日 6:26 PM

コメントを残す




関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP