錦織圭 全仏オープンでラケット叩きつける行為が炎上 アホ→「態度悪い、相手に失礼、嫌いになった」

錦織圭がイラつく

ラケットへし折って炎上

本日放送の全仏では、錦織圭がラケットを破壊してネットで叩かれている様子。



 
6月3日、テニスの全仏オープン7日で錦織圭は韓国のチョンヒョンと対戦。

試合の結果は、錦織の7―5、6―4、6―7、0―3の第4セット途中で降雨のため試合は中断となった。

途中、自分のプレイにイラついた錦織圭がラケットを叩きつけて破壊するシーンが放送された。

このシーンを見た視聴者からは、「マナー悪い」「非常識」「態度悪い」「相手に失礼」など厳しい声が殺到。

しかし、テニス経験者らからは、「普通の行為」「みんなやってる」「外野がとやかく言うな」など反論す声も多い。




 

(ネットの反応)

➡錦織圭の3回戦は雨で中断 いら立ちラケット破壊も マナー悪い、最低、紳士のスポーツが、泣くよ!  子供も見ていることだし、自分をコントロールできなかったら、やめるんですな!  前にも、ミス続いて、自制心きれて、相手ボールを追いかけなかった り、あったな!  見苦しい。

➡錦織圭がキレた。ラケット壊した。 それはスポーツマンシップとしてマナー悪い

1 2


  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP