いぬやしき2話 ネットで声が変だとボロクソに叩かれる「違和感、面白くない」

いぬやしき2話

声が変

いぬやしき2話が終了。ネットで叩かれる。



 
10月19日、人気コミック原作の「いぬやしき」の第2話が放送された。

放送後、ネットでは「犬屋敷壱郎」「獅子神」の声が変だと話題。

「犬屋敷壱郎」の声を務めるのは声優ではなく俳優の小日向文世。「獅子神」も俳優の村上虹郎が務めた。

ネット上では、「違和感しかない」「1話に比べて面白くない」「声がキモい」「声優使えよ」などボロクソに叩かれている模様。




 

(ネットの反応)

➡爺さんに続き、もう一人の主役っぽい青年の声がまた変だなぁ…と思ったら、こちらも若手の俳優さんですか…「声優に初挑戦!」ってやつですか…お戯れですね。まぁ僕街ほど悲惨では無いけども、ウンザリですわこの風潮。本郷奏多は上手いからいいよ。出来る人にやらせてください

➡いぬやしき、声でボロクソに叩かれてるな…。まあ、仕方無い。アニメで声を重要視するなと言う方がそもそも難しいし。最悪見る気さえも失せるからな…場合によっては。

➡いぬやしき第2話 獅子神の根底にあるのは「生きてる実感が欲しい」というある種ピュアな想い。 虹郎くんの声は狂気性とピュアという相反するものが同居する獅子神には合っていると思う。 回を重ねるごとにより馴染んでくるだろうし。

1 2


  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP